読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市のスポーツ施設なんかを管理しているんです。

仕事のようすを問われ、
後輩は笑いながらそう言った。
 

謝ったり、そういうのばかりです。
こないだも利用者の方が施設を汚してしまって
施設の人に怒られて謝ってきました。
私の出身校の後輩だったらしくて、
ちゃんとしろって言われましたよ。
 
 
そんな無茶な。
謝るべきなのは利用者の方で
あなたはちっとも悪くないのに
理不尽な人があったものだね。可哀想に。
 
 
「そういえば、
オンライン予約システムがあるよね?」
「はい。ありますよ。」
 
 
私はそれを使ったことがある。
悪夢のように使いづらいのだ。
 
インターネットを一度もしたことがない人が100人集まって、
予約システムに関する伝言ゲームをした結果、
100人目の人が半日で作ったような感じだ。
苦笑して私は言った。
 
 
「すごく使いづらいよね」
「そうなんです。それで最近リニューアルしたんですよ」
 
 
私はそれも知っていた。
なので少しためらったが、結局「知ってるよ」と続けた。
ためらった、というのはつまり
信じられないことが起こっているからだった。
 
 
「リニューアルして、更に使いづらくなったね」
  
  
後輩、笑うしかなくて。夏。